2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

2024年2月11日 (日)

2/10今日のレッスン

小澤征爾さんが6日亡くなりました。

お正月だったか・・・テレビで、9月に松本市で行われた、ジョン・ウィリアムズが指揮をした舞台を見ました。
小澤征爾さんは、舞台の最後に車いす姿で現れのですが、それが、人々の前に姿を見せた最後になったらしいです。

昨日も今日も、新聞の紙面を大きく使い、小澤さんの記事が書かれています。
村上春樹さんが小澤さんのことを、
「小澤征爾という個人の中に確立された純粋な音楽思念の、虚飾を排した誠実な発露でしかない。彼はそれを立体的な音像として、満席のコンサートホールに鮮やかに再現することができた。」と書いていました。
音楽性はもとより、お人柄にも触れて、ほんとうに偉大な方が亡くなったのだと実感しました。

小学校の音楽鑑賞CDにも、指揮者による音楽性の違いを比較するために小澤さんの演奏が取り上げられています。
違いがはっきりとわかり、曲の魅力がCDの演奏からも伝わってきます。ブラームスのハンガリー舞曲です。

小澤征爾さん指揮、サイトウキネンオーケストラのチャイコフスキー弦楽セレナーデを聴きながら、ブログを書いています。

笠松刑務所への慰問演奏会がありました。笠松町には、日本でも数少ない女性刑務所があります。
コロナ禍で慰問を中断していたので4年ぶりになりますが、私が知る限りでは30年以上続いている合唱団の行事です。
子どもたちの慰問演奏には抵抗を感じる方もおみえになると思うので、参加を強制はしていませんが、31名の団員と指導者でいってきました。
涙いっぱいの慰問演奏会でした。

場所は、ステージがある大きな講堂で、アップライトピアノもあります。
所の方の紹介の後、まずは本科生団員がステージに並びます。
最初は
♪おもいで色のメヌエット
続いて、いつものレッスンで歌う♪たのしい歌を数曲
小さい子たちが出て来ると、それだけで涙を流されてみえる方がチラホラ。
そして、簡単な団員紹介。
参加者で最年少者の小1Mゆちゃんが「おはようござあいます」とあいさつ。
その声を聞くと、笑いと大きな拍手と、ここでも目頭を押さえてみえる方が大勢。
RおちゃんYめちゃんが、笑いを誘いながら「おはようございます!」。
♪幸せなら手をたたこう で、会場参加してもらい、幸せなら「前髪と眉毛」をなおしてもらいました。現代女子らしいなぁ。
ポピュラーソングは、定演の曲を全曲歌って踊りました。みんながんばった!
そして、最後のステージ。
「目に見えないものを信じる気持ちを大切にして下さい」
「それが無くなったとしても、そこにできた心のスペースへは、次の新しい何かが入ってきます」
そんな、メッセージをお伝えして、♪ぼよよん行進曲 から始まる、おかあさんといっしょの曲。
全部で19曲!1時間にもわたるステージでしたが、あっという間に時間は過ぎて、
♪ドレミの歌で刑務官の方も参加してもらいました。
皆さん、終始、手拍子をして下さり、曲が終わるたびに大きな拍手をして下さいました。

ここが、刑務所の中だとは思えないくらい、和やかで温かな時間と空間。
子どもたちは対面していますが、私は極力、服役してみえる方のお顔を見ないよう、目線をあげたり、背を向けたりしています。
それでも、すすり泣く音や、刑務所の日常には無い笑い声などを感じます。
団員の中にも、涙を流している子が。
助手のKんちゃんは、舞台袖で号泣していたようです。
舞台に引っ張り出して一緒に ♪しまうまグルグル 踊らせちゃいましたけど。

「ご高齢の方もおみえになり、移動に時間がかかるので、もう少し待ってあげて下さい」
刑務官の方が、退所する私たちにお話をされました。
刑務所を出られる日まで、まだまだかも知れませんが、少しでも、子どもたちの歌声がお力になれたら幸せです。

「また、是非、来年も来てください」所の方がお声を掛けてくださいました。

今日のレッスン
定演の曲を全て通しました。
これで、曲の流れや、大筋の演出が固まったので、あとは、毎回のレッスンで仕上げていくのみ!
17時からは、フレンドの皆さんも加わって、ポピュラーやクラシック。音を細かく確認しながら。
今日のレッスン報告。短いけど、前が長くなったので、ここまで!

刑務所慰問が終わってから、夜19時30分までのレッスン。長~い1日でしたが、実り多き1日でした。

チャイコフスキーが、ブラームスに変わっています。
交響曲第1番。
皆さんは「夢航路」といったほうがなじみ深いかな。
これも、名演だ。

2024年2月 4日 (日)

2/3今日のレッスン

今日は節分
合唱団では,節分の歌をうたいました。
レッスンではおとなしいAおくんKっちゃんが
「うたえる!」「しってる!」って2人で歌の見本を見せてくれました♪
♪おにわそと ふくわうち パラパラパラパラ豆の音 鬼はすっかり逃げていく
その後,みんなでまねして歌っていると・・・
1d713ad7b9957581842d751fd9d31f69
鬼がやってきました。
でも,このオニさんはとてもやさしくて,たくさんのお菓子をばらまいてくれました。
7c6372df8503886e02c79478265458b0
両手いっぱいのお菓子がもらえました!

6469b38d96877716569c3cc1cf89d6cf
これはどういう絵?!

さて今日のレッスン
15:30から21:00までとういう長~いレッスン。

途中,3/10笠松中央交流センターで行われる「広がれ箏の音コンサート」の練習を1時間。
笠松出身の箏奏者,日原さんから声を掛けてもらいました。
曲目は「越天楽今様」「さくらさくら」
どちらも,笠松でお箏を習っている子たちとのコラボです。
「一拍ズレても,それはそれでおもしろいので」と日原さん。
洋楽の世界では縦の線を重視しますが,和楽では,ズレも楽しむ音楽なのですね。

前半は,予科生を含めたレッスン。
お箏の後は,本科生のレッスン。
大きい子たちが,杉並会議の研修会に参加した直後のレッスンでした。
参加した子は,今までのレッスンの何倍も,気合いが入っていました。
そして,それがいい感じに全体に伝わって,時間は長いけど,中味が濃い,いいレッスンになりました!

午前中からレッスンが始まるギリギリまで,有志のお母さん方が集まって,ミュージカルの衣装をつくってくださいました。
「この時間しかいられないけど」と,ご予定の合間をぬって,入れ替わり立ち替わりお手伝いをして下る方。
9時から終了の15時まで,黙々とミシン縫いの作業をし続けて下さる方。
本当にありがたい!
Img_3410Img_3409
皆さんのお力添えのおかげで,衣装が全て縫い終わりました!
お世話になりました!ありがとうございました!

2024年1月23日 (火)

お餅つき大会&バザー

ぎふ児を愛する皆さん、お久しぶりになってしまいました。
12月からなので1ヶ月以上になってしまいました。
今年は毎週、更新していこうと思いますが気長にお付き合い下さい。

1/13に「お餅つき&バザー大会」を行いました。
お餅つきは合唱団初!
バザーはコロナ禍で中断していたので経験者少!

お餅つき
ずっと「やりたい!」と言っていたNいさんの夢がやっと実現です。
つきたてのお餅はそうそう食べられるものではありません。
杵と臼でついた餅はなおさら!
臼と杵を使ってぺったんぺったんするのも貴重な経験!
美味しかったし、楽しかったね!

さて問題
Q. お餅つき大会では、いったい何升食べたでしょう?
餅米を蒸す機械が2台。
一台はNいさん、もう一台は郡上の私の実家。
それぞれが2升蒸せるので、一度に4升蒸せます。
だから答えは4升以上です。
お皿を100枚準備して無くなったので、約100人くらいが参加でしょうか。

正解は・・・
A. 8升!
食べましたね!
1人1合くらい食べたことになります!すごい!

バザーの報告!
「これだけ集まったのは、過去最高!」
過去にバザーを経験したお母さん方は、今回の品物の多さに驚いてみえました。
バザーの収益は、今後のお楽しみ会で使わせていただきます・・・と、合唱団への寄付バザーです。
手作りのお菓子から、小さい子向けのおもちゃや洋服、文房具などなど・・・
たくさん、たくさん集まり、バザーが盛り上がりました!
お菓子のクジ?とじゃんけんゲームも大盛り上り!?でしたね。

中心になって準備をしてくださったTさきさん!ありがとうございました♪
Photo_20240121143601

お餅つき大会

きなこにあんこ、大根おろし どれも美味しかった!
一番人気は 大根おろし!
Nいさんが、家でおろしてきてくださいました。

D52f6066dadf4a2dba2b4785a03081bb

 

45fc50f9f7d042bc95c93ed622f006ec

中心になって準備してくださったNいさんと,お手伝いを頂いたお父さん。
ぎふ児の新年会は、大盛況の内に終わりました。皆さん、ご協力ありがとうございました。
お昼からずっと手解きをしてくださった、お餅つき職人のHいさん。臼と杵はHいさんから貸していただきました。
初めてのことなので手探り状態でしたが、皆さんのお力添えのおかげで、楽しいお餅つき大会になりました。

またやりたいですね!

2023年12月23日 (土)

12/2レッスンレッスン

今年最後のレッスン
クリスマス会からスタート!
大学生がいろいろなゲームを企画をしてくれしました!
チーム対抗リレー♪
 Image04
Image01
何で何を運ぶのかはクジで決まります。
お玉で風船!
テニスラケットでゴルフボール!
親さんも参加してすごく盛り上がったみたいです。

貨物列車♪
Image02
とにかく一度でも先頭になれただけでうれしいみたいで
終わってから、2回目は勝てた!ってお話にきてくれました。

お菓子取り競争♪
Image05
Image06
ひもにぶら下げたいろいろな種類のお菓子を取るかけっこ!
大きい子になればなるほど、好きなお菓子を取ろうとガチンコ勝負だったようです。

クリスマス会の終了後は、大きい子たちでポピュラーとたのしい歌、ドナウをざっと通しました。
これで今年も歌い納め

今年はたくさん歌えたね!
来年始まるとすぐに定期演奏会!
みんなで力を合わせていいステージをつくりましょう!!

夜は、ぎふ児初の大人の忘年会
美味しい会席料理をいただきながら、合唱団の話題が花咲きました!
あっという間の2時間でした!

年の瀬が近づき、今年も残りわずかとなりました。
多くの方に支えられてぎふ児の令和5年が終わろうとしています。
一年間ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

それではよいお年を!!!

2023年12月16日 (土)

12/16今日のレッスン

1ヶ月ぶりの更新
この一ヶ月間、土日は朝から夜までずっと予定が詰まっていて・・・
秋の演奏会シーズンは、毎年の事なのですが今年は特に忙しい!
ずっと我慢してきた反動でしょうか?特に音楽は。この先も本番が続きます。

今日のレッスン
定演で行う予定の曲を、ざっと通してみました。
うまくいくところとそうでないところがはっきりとしてきたので、修正しながらのレッスンです。
曲順が決まり、ステージがまとまってきました!

第1部は、小さい子がメインのステージ 
♪おなかがへる歌 など小学生以下で歌う部分もあります。幼稚園児も!
第2部は、ポピュラーステージ
ダンスシーン満載!
第3部ミュージカル
キャストの4人ががんばっていて、いい感じに仕上がってきました!

次回のレッスンは、前半「クリスマス会」です!
大きい子たちが楽しいゲームを準備しています。どんなことをするか?楽しみですね!

2023年11月19日 (日)

11/18今日のレッスン

日曜日に実家の郡上に帰りました。
金曜日の夜に雨が雪に変わり,雪化粧をした山がきれいでした。
Image0_20231119210701
手前は実家のビニールハウス。
雪でつぶれないよう冬場は骨組みだけにしてあります。

まだ紅葉しているのに雪が積もるなんて,郡上でも珍しいこと。
今年は,11月でも30度近くまで気温が上がった日もありました。一気に冬です。

冬といえばクリスマス!
クリスマスツリーは飾り始めましたか?
水谷先生が,クリスマスのコンサートを墨俣で行います。
「ぶれぇめん」
合唱団ではピアノを弾いている先生ですが,この日は他の楽器も演奏するらしいです!
Img005
Img006

12/17皆さんでクリスマス気分を味わいましょう!

さて,今日のレッスン

今日は,キャスト練習の日。
Kれん先生のお家にあるスタジオで,キャストだけのレッスンをしました。
そこへ,大学生の2人も加わり,ミュージカルとポピュラーを固めました。

定期演奏会のステージが見えてきました。
ミュージカルは,ほぼ振りが付きました。
Kれん先生の振り付け,ロマンがあっていいよ!
ポピュラーは,ストーリー性をもたせて,物語風になるみたいです。
大学生のMなみちゃんが,構想を練ってくれています。

キャストは,初めての合わせとは思えないくらい台詞回しが上手!
ダンスは,踊れる子がいるのでかっこいい!

どれもいい舞台になりそうです!

2023年11月11日 (土)

11/11今日のレッスン

今日も午前中は畑にいました。
落花生の収穫と、タマネギを植えました。

タマネギは50本も植えたのですが、畑の一角、ほんのちょこっとで収ってしまいました。
一面がタマネギ畑になった農家の写真を見ますが、いったい何本植えているのでしょう?
50本でも多いと思ったのですが、何百本と植えていると思うと、農業をやっている方は桁が違いますね。

落花生の根には「根粒菌」という、バクテリアの一種の土壌微生物が共生します。
掘り起こした後の根っこには、コブ状の根粒がいっぱい!
根粒菌は、植物から栄養をもらうかわりに、空気中の窒素分を固定して植物にあげるそうです。
だから、ピーナツを収穫した後の土はフカフカでした。
この場所に何を育てようかな!?冬の間は、土をお休みさせてあげて、夏野菜にしようかな?
私はどっぷりと畑の「沼にハマって」います。

さて、今日のレッスン
今日は前半・後半とも、定演に向けての今日を仕上げています。
みんな歌えるようになってきたので定演のステージが見えてきました!

私は、常々、レッスンだからといって、力を抜いて棒を振ることはありません。
レッスンでも、常に本番と同じ気持ちで棒を振っています。
振りたくなるというのが、正解かもしれません。
それは、みんなが真剣に、また、楽しそうに歌ってくれるからです。
今日も常に全力でした!
これでもかって言うくらい、みんなよく歌うから、負けていられません!

スターウォーズの振り付け
短時間でよくあそこまで振りがついたね。
振り写しをしてくれる子たちが、うまく伝えているからということもあるけど、
その、写す子たちもびっくりするくらいの仕上がり!

今日は14:00から18:30までびっちり歌い続けました。
後半の最後には、フレンドの皆さんも加わり、内容の濃いレッスンになりました!

次週、全体のレッスンは会場が無くてお休みに。
キャストの子たちだけの特別レッスン。
そして、次のレッスンから、いよいよミュージカルを仕上げに入っていきます。
やっと、50回定演の全ステージが見えてきます!

2023年11月 8日 (水)

11/4今日のレッスン

レッスン後すぐにブログ更新と思っているのですが、
このところ土日にやることがいっぱいで、パソコンに向かう時間が、なかなか取れません。
休日は、合唱団以外の音楽活動にも参加。
今は、ベートーベンの第9。
大人の皆さん300人と、12月10日の本番に向けて練習をしています。

それに加えて、畑が忙しくて!
休日は、いつも早起きして畑に向かいます。

最近の畑
★さつまいもを収穫(170本以上!)
★落花生の試し掘り(次の土曜日に収穫!)
☆ほうれん草・正月菜・水菜・春菊・スナップエンドウ・サヤエンドウ・ニンジンの種まき
(種が余ったのでと、ご近所さんが種を分けてくださるのでいっぱい!)
☆カモミールやストロベリートーチの種まき
(コンパニオンプランツとして育てます)
いつの間にか本格的な畑農家になってしまいました。
ホームセンターの園芸コーナーに足を運ぶ機会が増えます。

園芸コーナーといえば、パンジーやビオラの花苗がいっっぱい並んでいますね。
色も様々ですが、花の形も様々。
すごい種類のパンジー・ビオラが並んでいます。
見ているだけで、顔がほころんで・・・というか、ニタニタ笑っている自分がいます。
かわいい花がいっっぱいです!

さて、今日のレッスン

今日は、ミュージカルキャストを発表しました。
今回の定演ミュージカルは「伝説の島ZZ」。
オリジナル台本では、サッカー少年たちが、伝説の島へ行く内容ですが、
サッカーの設定を変えました。なので、キャストは11人から4人に。
これからのレッスンでは、この4人を中心に、ミュージカルを仕上げていきます。
どんなミュージカルに仕上がるか楽しみです。

合唱団ブログなのに、今日は畑ブログになっています。
次の休みは、たまねぎを植えます。

2023年10月29日 (日)

10/29今日のレッスン

笠松でのレッスンが無い日々が続いています。
時間や距離がいつもと違うと、送迎が大変だと思うのですが、みんなレッスンに参加してくれます。お家の方に感謝です!

前半、ミュージカルの動きを少し入れました。
少し台詞があるのですが、やりたい人と聞いたらすぐに手が挙がったのが、最年少のRんかちゃん!
すばらしい!すぐに採用です。
そして、次が2年生なのにベテランのHるちゃん!
2人にやってもらうことにしました。

後半、ポピュラー曲。
ポピュラー曲の歌い込みです。
前回のレッスンではまだまだだったのに、今日はだいぶ曲になってきました。
そして、スティングの振りが、すごくよくなりました。
小学生には難しいかなって思ったのですが、よくがんばったね。
Kれんちゃんが、動画を撮って合唱団LINEにあげてくれました。
復習をしてさらに磨きを!


昨日・今日と演奏会を聞いてきました。
土曜日は揖斐川町はなもも会館。
「徳山ブルース」という創作オペラ。
徳山ダムの話に脚色をして、揖斐の作曲家森三恵子さんが曲をつけたオペラです。
国策に翻弄された村人達が移住の話を受け入れ、将来の明るい希望を話する場面で、一人の女性が「徳山が無くなるんか」といいます。
自分の生まれ育った村が、学校が、田畑が、すべてダムの底に沈んでしまう現実を実感し、それまで明るく話していた村人達が黙ってしまいます。
生まれ育った場所が、無くなってしまう寂しさを乗り越え、前を向いて強く生きる徳山の人達の姿が、ストレートに描かれていました。

日曜日はサラマンカホール。
「合唱団凸凹」と「ドリームロード」という合唱団の「スクラムコンサート」。
第1部イタリア世俗曲 第2部アヴェマリア 第3部ドラえもんや鬼滅の刃など 第4部信長高富さんの作品
バラエティーに富んだプログラムでした。
実力のある合唱団なので、聴き応え十分の歌声。これぞ合唱!というコンサートでした。
コンサートの終曲は「くちびるに歌を」。
「くちびるに歌をもて 心に太陽をもて 人のために言葉をもて」というこの歌の歌詞と、マスクを外して、ほんとうに楽しそうに歌っている合唱団の人達の姿とがシンクロして、涙があふれてきました。

合唱団レッスンもあって、この土日は、芸術の秋を満喫した2日間でした。

2023年10月15日 (日)

10/14笠松町「みんなの音楽会」

秋休み(キッズウィーク)も今日で終わり。
いい季節にまとまったお休みがあると、うれしいものです。
秋を満喫した毎日でした。
行楽に!
食欲に!
そして音楽にと毎日、やることがいっぱい!

笠松町「みんなの音楽会」が10月14日に笠松町中央交流センターでありました。
岐阜工業のブラスバンド
日原先生のお琴教室
下羽栗小学校のリコーダー
笠松中学校の吹奏楽
そして、わたしたちぎふ児の5団体があつまって、公民館主催の音楽会が行われました。

会場は交流センターのホールでしたが、終始立ち見のお客さんがみえるほど、会場はたくさんの人でした。
Image1_20231015225101Image0_20231015225101

1回の本番は、10回レッスンをするくらい様々な経験の場になりました。
公民館の皆さん。ありがとうございました!

«9/30今日のレッスン